【日焼け止めクリームに書いてある「SPF」「PA」とは?】

【日焼け止めクリームに書いてある「SPF」「PA」とは?】

皆様、日焼け止め対策は、どうされてますか?

実は紫外線は、ほぼ一年中、降り注いでます。特に4月~10月が多くなり

ます 🙁 

日焼けしたくない方には、つらい時期になります。

1日の中で紫外線が強いのは、午前10~午後4時ごろです。

特にこの時間帯を避けて外出することで紫外線対策にもなり、肌を守るこ

とにもなります。

しかし、この時間帯を避けて活動することは、困難ですよね。

紫外線はUV-A波、UV-B波、UV-C波の3種類に分けられます。

C波は、オゾン層で吸収され、地球には到達しませんが、A、B波は地球に

到達します。

UVBは、皮膚の表面に届き、皮膚や眼に有害です。

日焼けをしたり、皮膚がんの原因になることも考えられます。

一方、UVAは、B波ほど有害ではないといわれていますが、長時間浴びた

場合は同じように、細胞を傷つけるため、同様の健康被害の原因となります。

紫外線は、窓ガラスや曇りの日でも通過して皮膚の奥深くまで届きます。

そしてシワやタルミなどの「肌の老化」を引き起こす原因になります。

どちらも「日焼け」が原因で引き起こされます。

 

でも心配御無用!

日焼け止めクリームがあれば、紫外線防止に非常に効果的です。

ではよく、日焼け止めクリームでSPFの数字やPA+の数を目にすると

思います。

SPF」は、UVB波を防止する効果の強さを数字で示したもので、数

が大きいほど強力になり、肌が赤くなる原因を防ぎます。

PA」は、UVA波を防止する効果の強さを+の数で示したもので、

皮膚の黒化が起こる原因を防ぎます。

 たどえば、

リーガリス化粧品の日焼け止めクリーム&下地クリーム

「SPF38 PA+++」を塗っていただいて、日焼けなんか気に

しないで日常の活動範囲を広めて、有意義な毎日を送ったり、

海水浴や屋外でのポーツをする場合は、「ナビジョンDR日焼け

止めクリーム 肌色2タイプSPF50 PA++++」の数値の高い

日焼け止めを使用したり、その日のシチュエーションに応じて、

日焼け止めクリームを使い分けるのもいいと思います。

 

 

しかし、数値の高い日焼け止めクリームは、紫外線対策の効果は大きい

反面、肌への負担も大きくなります。

また知らず知らずのうちにお顔をこすったり、汗をかいて落ちてしまうこ

とが多いので、2~3回にわけて塗りなおすという面倒なことになりえま

せん。

そういう時は、「飲む日焼けどめ(ソルプロ)」が、お勧めです。

飲む日焼け止めのサプリメントで、午前中やお出かけ前に、1日1錠服用

するだけです。とても簡単 😀 

日焼け止めのクリームも併用したら、もう今年は美白美人になること間違

いなしでしょう

 

河合皮フ科医院では、上記の商品のお取り扱いをしております。

詳細は、お問合せ、電話でお待ちしております。

お問合せ http://www.kawaihifuka.com/contact/

電話 06-6643-4054