あかぎれ

乾燥状態が進行して手足の皮膚が真皮まで裂けた状態を「あかぎれ」といいます。
出血したり激しい痛みを伴います。寒さのせいで皮脂、水分が不足がちになることが原因です。

あかぎれの防止

寒い時期の水仕事は冷水を避けてぬるま湯を使い、ゴム手袋を使いましょう。
冷たい外気に直接当たらないよう手袋を着用したり、保湿クリームなどを塗って
スキンケアを怠らないようにすることです。

あかぎれが悪化したら・・・

皮膚の深い部分まで切れ込みがあるような深いあかぎれ、何度も繰り返す場合、悪化してくる場合は
速やかに皮膚科へ行きましょう。
皮膚科では、ハンドクリーム代わりに使える保湿剤の塗り薬、あかぎれ部分にのみ使う
弱いステロイドの塗り薬が主に処方されます。
また医師によっては、飲み薬としてビタミン剤や漢方を処方することがあります。
ステロイドに抵抗がある方でも、一時的、また局所的にしっかりと医師の指示に従って使用した方が
治りは早いです。

一般皮膚科ブログ