虫さされ

虫さされの治療は、軽症であれば市販の痒み止め外用剤でもよいですが、赤みや痒みが強い場合は
ステロイド外用剤が必要です。
症状が強い場合は抗ヒスタミン剤やステロイド剤の内服が必要になるので、
皮膚科専門医を受診するのがよいでしょう。
ただ、これらの治療はあくまで現在の皮疹を抑えるのが目的であり、原因虫からの回避、
あるいはその駆除対策を実施しなければ皮疹の新生が続きます。
虫さされなどの炎症後色素沈着には、レーザーフォトフェイシャルレーザーピーリングケミカルピーリングCET(高周波温熱治療)イオン導入トレチノイン酸などを組み合わせた治療を行ないます。

一般皮膚科ブログ