ほくろ

あざ・ほくろ

生まれつき、あるいは生後しばらく経ってから生じてくる、皮膚の色素細胞や、毛細血管、
その他皮膚の構成要素の異常を指します。あざには種類がいくつかあり、生まれつきの
茶色いあざもあれば、蒙古斑と呼ばれる青あざ、中には20代を過ぎた頃から現れる
青あざなどもあります。
周りの皮膚と色調が違うものによって赤アザ、青アザ、茶アザ、黒アザに分類されています。
黒アザのうち小さいほくろなどは切除したり、レーザー治療で対応しています。
ほくろもあざも、自分で努力をしたから消えるようなものではなく、
もちろんメイクで隠せるものばかりでもありません。
ほくろは炭酸ガスレーザーで摘出できます。メラニン色素が表皮だけではなくて
真皮層にまで存在する場合はQスイッチ付きのレーザーを併用する事で取れます。

一般皮膚科ブログ