あせも

ほこりや汚れが、かき過ぎた汗と混じり、その結果、汗を作る汗腺の出口を塞ぐ事で
軽い炎症を起こす症状の事です。かゆみを伴います。
高温多湿の環境で働いたり運動をしたり、また通気性の悪い衣服を着用した場合にも多く発生します。

また汗疹(あせも)は、適切な処置でほとんど治ってしまう肌疾患です。
多量の汗をかく新陳代謝の活発な幼児・児童などの場合は、親がマメに汗をふき取って上げるなど
汗疹(あせも)予防をすることで状況はずいぶん良くなります。
汗疹の治療法の基本は、汗量を減少させるために身体を涼しく保つことです。
汗量の多い夏場は、頻繁に汗をふき取り、お風呂も毎日入ることが大切です。
入浴後汗をかき過ぎないようにぬるめのお湯に入ることをおすすめします。

このような生活改善であせも(汗疹)が全く改善しなければ
かゆみ止めとしての抗ヒスタミン剤やとびひ等の感染症を防ぐ抗炎症剤抗菌剤
使用すると良いでしょう。
さらに、湿疹を伴うなどの理由により汗疹(あせも)のかゆみが強 いときは、医師の判断の元、
ステロイド系の外用薬を使用する場合があります。
もし、これら以上に症状がひどく、自分では判断できない場合は
専門の皮膚科にご相談することをおすすめします。
思い込みで市販のクリーム剤などを使用しとびひや炎症を誘発することも考えられるのでご注意ください。

一般皮膚科ブログ