しわ・たるみ・老化防止

シワ、たるみ、老化防止 -美容-

シワの箇所や状態により、 ボトックス注射や ヒアルロン酸注入、コラーゲン注入、 トレチノイン治療、 ケミカルピーリング、 eマトリックス、 美肌レーザー高周波RF(ポラリス)、超音波導入などで対応しています。
シワには、乾燥性の小ジワ、弾力低下による縮緬ジワ、表情ジワ、ホウレイ線などの深いシワがあります。
加齢によるシワやたるみは、レーザーの熱によって真皮上層にあるコラーゲン層を刺激して
コラーゲンを再生させます。
その結果、肌に張りが出てリフトアップする、フェイスラインがすっきりし小顔になる、
ホウレイ線や目尻のしわが目立たなくなるなどの効果があります。

シワの原因と改善方法

シワは表皮の乾燥によるもの、加齢による自然の老化(内因性の老化)、光老化による老化があります。
その他、皮下脂肪の萎縮や下垂、表情筋の収縮や弛緩などにより
皮膚にたるみが生じてできるものもあります。
皮膚の乾燥によるシワは保湿作用のあるスキンケアである程度の改善ができます。
自然の老化は、遺伝的にプログラムされた加齢により生じる内因性老化。
皮膚が萎縮して薄くなり、弛緩したシワを生じます。
内因性の老化は後戻りのできない老化です。
このため内因性の老化のシワをスキンケアで浅くしたり消し去ることはできません。

光老化は紫外線の影響が累積された老化。キメが粗い柔軟性が失われた肌になり、
深いシワと、がさがさしたちりめんジワのようなシワが生じます。
すなわち紫外線と紫外線によって発生する活性酸素により
真皮にあるコラーゲンやエラスチンを産生する線維芽細胞のDNAが傷つきます。
その結果、真皮にあるコラーゲンが減少し、またエラスチンについてもその構造の直線的なゴムのような立体構造が変性して弾力性を失います。
(真皮の細胞間 基質やコラーゲン、エラスチンの減少、組成変化、変性)
それによって、皮膚の張りを保てなくなりキメの粗く柔軟性が失われ、シワが刻まれることになります。
光老化によるシワはスキンケアによってある程度のシワは防ぐことができるし修復もできます。