ニキビ

健康な肌 面皰(コメド)
皮脂腺では、皮脂が常につくられています。皮脂は、毛穴を通って分泌され、皮脂膜を形成して肌の表面を覆い、 肌を健康な状態に保ちます。通常、毛穴のアクネ菌は肌を健康に保つ働きをしています。 古い角質が詰まり、角栓ができて毛穴が閉塞したり、男性ホルモンの分泌量が増加し、皮脂の分泌が多量になったりすると、 皮脂が毛穴の中にたまって『面皰(コメド)』ができます。アクネ菌は、皮脂を好み酸素を嫌うため、発育に好都合な面皰の中で増殖します。
紅色丘疹・膿疱 硬結・嚢腫
毛穴の中で過剰に増殖したアクネ菌は、炎症を起こす物質をつくります。そして、炎症が起こると、ニキビは赤く盛り上がって『紅色丘疹』 となったり、膿がたまって『膿疱』となります。 さらに、炎症が拡大して進行すると、毛穴の壁が破壊され、皮下に膿のふくろができて『嚢腫』となったり、硬く盛り上がって『硬結』が できます。強い炎症の後には、凸凹したニキビ痕(瘢痕)を残すことがあります。

原因

洗顔・スキンケアが適切でない・食べ過ぎ・偏食・嗜好品のとりすぎ
体質やホルモン作用の影響により皮脂分泌が多すぎる・胃腸障害・便秘・ストレス・睡眠不足・手で触る等・髪の毛の刺激

治療

  • ビタミンB2・B6・C
  • 漢方薬
  • 抗生物質
  • その他
外用抗菌薬
  • イオウ製剤
  • ダラシンゲル
  • ダラシンローション
  • アクアチムクリーム
  • アクアチムローション
  • ディフェリンゲル
  • 抗炎症クリーム
  • その他

一般皮膚科ブログ