しみとりレーザー

IPL(フォトフェイシャル)という光治療、e-matrix、Q-スイッチレーザー、炭酸ガスレーザーなど
数種類の治療を併用することもあります。

QスイッチNd-ヤグレーザー

1064mm,532mmの波長を持つレーザーです。
表面性のしみだけでなく、扁平母斑(茶アザ)・太田母斑(青アザ)にも有効です。
肝斑を薄くします。

炭酸ガスレーザー(CO2レーザー)

厚みのあるしみを取る場合に使用します。
レーザーのメスとして使用されホクロやイボなどを除去します。

フォトフェイシャル

IPLという特殊な波長の光を肌に照射することで、しみやくすみ、ニキビ跡の赤み、毛穴の開きを改善させます。
皮膚を活性化し、肌のハリを保つのに必要なコラーゲンを増加させます。